先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

ワードシステムで一緒に働く仲間を紹介します。
社会に役立つ、より良いシステム作りに向けて日々奮闘するエンジニア達です!


システムエンジニアの職種を選んだ理由

学生時代からコンピューターに興味があって、将来はコンピューター関係の仕事に就きたいと考えていました。
ワードシステムを選んだ理由は、学生時代にお世話になった先輩が先んじて入社していたからです。

現在手掛けている仕事

東京都の某区に導入されている税務システムの保守作業を行っています。
個人住民税業務及び軽自動車税業務を担当しており、お客様からの問合せ対応や税務システムのバージョンアップ作業が主な作業となります。
システムエンジニアとして客先に赴いて働いているわけですが、あれこれと質問や相談事がお客様から多く寄せられます。
このように人に頼られる仕事ですが、しんどいと思う反面、お客様から感謝されたときは頑張った甲斐があったと感じています。

メッセージ

システムエンジニアの業務には一からシステムを設計する仕事もあればお客様と運用を通じてシステムを改善する仕事もあり多岐に渡った作業があります。
必ず自分に合った仕事、自分のやりたい仕事ができると思いますので是非、一緒に働きましょう。


システムエンジニアの職種を選んだ理由

システムエンジニアはお客様の要望に合わせたシステムを構築していく職業であり、その要望は千差万別です。
当然の事ながら未知の経験をする機会も多く、毎回違った気付きを体験できる職業であることを魅力に思い、システムエンジニアという職業を選択しました。

現在手掛けている仕事

現在は地方自治体の住民情報システム(主に個人住民税)の保守作業を行っています。
過去には別の住民情報システム(収納・宛名等)、官公庁システムの導入・開発等の作業を行いました。
様々な業務を経験してきたことで、1つの機能だけではなく複数の機能の繋がりを意識したより使い易いシステムの提案が可能となり、お客様よりその点について評価頂く事があり、嬉しく思います。

会社の雰囲気について

各メンバーが上下の関係を問わずに発言しやすい雰囲気があり忌憚なく意見交換の出来る会社です。

メッセージ

ワードシステムでは「新しい事にチャレンジしてみたい」「システム開発を通してやってみたいことがある」「メンバー間の調整が得意である」といった熱意あるメンバーを募集しています。
1つでも該当するものがある方やプログラム・システム開発に興味のある方の応募をお待ちしております。
仕事を通して、技術的にも精神的にも共に成長していきましょう。


システムエンジニアの職種を選んだ理由

学生時代よりシステム開発に興味を持っており、将来はIT関連の会社に勤めようと考えておりました。
というのも、システムは様々な業界で導入されており、社会を支えるツールとして切っても切れない存在となっています。
そのため、今後も成長する職業の一つだと考え、システムエンジニアを選びました。

現在手掛けている仕事

現在、地方自治体の住民情報システムの保守作業を行っています。
業務知識など覚えることが多く、失敗もありましたが先輩や上司の力を借りつつ、徐々に知識を蓄積していくことで任される仕事も増え、自分が成長できたことにより、自分の力でお客様を支援できることにやりがいを感じています。

メッセージ

ワードシステムの一つの魅力として、若手が多く自分の意見が言いやすい環境にあります。
もちろん自分の意見が通らないこともありますが、そういった意見を交わし合うことでビジネスに必要な交渉・折衝力をつけていく訓練にもなります。
今より良い自分・会社にしていくために、共に盛り上げていきましょう。


システムエンジニアの職種を選んだ理由

高校生の時に授業でプログラミングを行ったことがきっかけで興味を持ち、プログラマーという仕事を選びました。
現在は 、製造系の管理システムの開発やカスタマイズを行っています。
新規機能の作成、既存機能へのカスタマイズなどを担当しています。
お客様の仕事の効率化に貢献出来るため、やりがいのある仕事だと思います。

現在手掛けている仕事

業務知識やフレームワーク、コーディング規約等が作業する場所によって違うため、覚えることが多く大変でした。
現在も業務知識等分からない所は質問・勉強をして覚えていきながら作業を行っています。

メッセージ

ワードシステムの魅力はメンバー同士で助け合い、フォローをしながら仕事ができるところだと思います。
入社当時は、仕事や会社の雰囲気に溶け込めるか等不安もありましたが、周囲のサポート受けてスキルや自信が身についてきていると実感しています。
また、仕事以外にも社員旅行等全員で行う会社行事があるため、社員同士の仲がとても良いです。
この仕事に興味のある方は、ぜひ説明会で話をきいてみてください。


システムエンジニアの職種を選んだ理由

「お客様の要望を理解し、お客様の求めるシステムを提供する」というシステムエンジニアの仕事内容に興味を持ち、この仕事を選びました。
現在はシステムの設計書を作成を行っており、お客様の求めるシステムが提供できるように頑張っています。

現在手掛けている仕事

入社してから私は今まで幾つかの開発プロジェクトに携わりました。
プロジェクトによっては知識や経験の無い言語やフレームワークを使用することがあり、初めは戸惑い思い通りにいかず苦戦することもありました。
ですが新しいことを身に付けることができた喜びと学んだこと次に活かせたときには達成感があるので、私はこの仕事にやりがいを感じています。

メッセージ

ワードシステムには若い社員が多く、仕事に勢いがあります。
そのおかげで頑張り次第では若い社員にも色々なことにチャレンジが出来るチャンスが巡ってきます。
また会社行事では社員旅行や忘年会などの社員全員で楽しめる様々なイベントがあり、普段は会うことがない他支店の仲間とも交流することができ、意見交換等をすることによって刺激をもらうことができます。
周囲の方もしっかりとフォローしてくれるので、共に会社を盛り上げていきましょう。


システムエンジニアの職種を選んだ理由

同じことを続ける仕事よりも常に変化をする仕事をしたい、人にかかわる仕事をしたいという気持ちがあり、その両方を実現できる職種としてシステムエンジニアに興味を持ちました。
お客様の要望に沿ったシステムを構築することに魅力を感じ、また日々進化していく業界であるという点が選んだ決め手になりました。

現在手掛けている仕事

現在は鉄鋼システムの開発・保守業務に携わっています。
今まで行っていた住民情報システムとは全く異なり、当初は専門用語の多さや保守の対応スピードの違いに戸惑いましたが、今までの経験や新しい事へのチャレンジ精神で乗り切ることができ、現在では当社の社員の参画も多く受け入れていただけるようになりました。
成果を出すことにより、自身・自社の評価も上がることに非常にやりがいを感じています。

ワードシステムについて

ワードシステムでは若い社員が多く、互いにフォローをしながら仕事に取り組んでいることが特徴の会社です。
頑張った分だけ自分に返ってくる事を実感できる会社でもあります。
また、様々な人と出会う機会もあるため、仕事だけにかかわらず皆さんの成長の糧になると思います。
ワードシステムでは「会社と社員が共に栄える」という経営理念があり、実際そうなっていると思っています。
この経営理念を実現し続けることができるよう、一緒に成長しながら良い仕事をしていきましょう。


プログラマーという職種を選んだ理由

高校生の時にプログラムに興味を持ったことがきっかけで、プログラマーという仕事を選びました。
現在は住民情報システムの製造やカスタマイズを行っています。新規機能の作成、既存機能へのカスタマイズ、帳票や画面のレイアウト変更などを担当しています。
人々の生活に貢献出来るため、やりがいのある仕事だと思います。

この仕事をしていてよかった!と思うとき

自身が担当した住民情報システムの機能をお客様の元で使って頂いたときです。
初めてカスタマイズした機能が実際にお客様の元で動いていると聞いたとき、とても嬉しかったことを今でも覚えています。
ただ仕事が難しいと感じることも多く、入社当初は業務知識や住民情報システムについて覚えることが大変でした。システム独自のフレームワークについては今も勉強を続けています。
しかし難しい反面、努力した分だけスキルや自信が身につくので日々新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいます。

メッセージ

ワードシステムの魅力は若い人が多く、仕事に勢いがあるところだと思います。
入社当時は、仕事や会社に溶け込めるかといった不安もありましたが、周囲のサポート受けてスキルアップできたと実感しています。仕事以外にも会社行事で社員旅行や忘年会があり、花見やバーベキュー等のイベントもしているので社員同士の仲がとても良いです。
また、様々な人との出会いがあるので仕事以外にもプラスになることがたくさんあります。
ワードシステムは熱意や向上心を大切にしている会社です。仲間と一緒に成長していきましょう!


システムエンジニアという職種を選んだ理由

システムエンジニアとは、システム構築により「お客様が抱えている問題を解決する職業」、というイメージを持っていました。
システムエンジニアとしてお客様に信頼されるようになることで、仕事の中にやりがいを見出したいと考えました。

仕事を通じて感じること

地方自治体向け住民情報システムのカスタマイズ作業を行っています。
システムが思い通りに動かずなかなか完成しないこともありますが、その分完成させた時の喜びはひとしおです。
また、結合テスト・総合テストと進んでシステム全体が見えてくると、自分の設計したプログラムがどのような役割を持っているかわかってきます。
全てのプログラムがひとつなぎになって大きなシステムが動いていく姿を見ると、まるで巨大なジグソーパズルが完成したような達成感があります。

ワードシステムのよいところ

まず若さとパワー、団結力です。
もちろん仕事において団結力を発揮しますが、社内行事においてもオンとオフを切り替えて目いっぱい楽しんでおります。
そして人材教育が充実しています。新人研修においてはカリキュラムやOJTがきめ細かく考えられており、計画的・体系的に仕事を習得できました。
共同でモノ作りを行う楽しさと達成感を味わいたいなら、是非パワーに溢れるワードシステムの一員になって会社を盛り上げていきましょう。


最近手がけている仕事

現在はAndroidアプリの開発を主に行っています。
開発中のアプリは、ゴルフ場のレストランで利用するオーダー用のアプリで、実際にレストランで働いている方々と打ち合わせを重ねながら開発を行っています。
お客様が何を必要としているのかを的確に把握し提案すること、そして一からシステムを作り上げることの難しさに苦戦しつつも、お客様に喜んで使っていただける商品の開発を目指して日々奮闘中です。

システムエンジニアという職種を選んだ理由

学生時代は実はあまりコンピュータに詳しくありませんでしたが、お客様や他の技術者とコミュニケーションを取りながら、チームで物作りができるという点に惹かれてこの仕事を選びました。
プロジェクトごとに一緒に働くメンバーが変わったり、知らない土地で初めて会う方々と働いたりと、大きな環境の変化もある仕事です。しかしその分だけたくさんの方との出会いがあり、そこから受ける様々な刺激が私の仕事へのモチベーションにつながっています。

メッセージ

ワードシステムは、若い社員や女性社員も頑張り次第で広く活躍できる会社です。
入社前は、IT業界というとやはり女性にとっては働きづらい環境なのではと心配していましたが、私と年齢も変わらぬ女性の先輩方が男性陣に負けずに活躍しています。
実際にどんなことをしているのか、想像するのが難しい仕事だとも思いますので、迷っている方・何か不安に思っている方がいれば、ぜひ会社説明会へ参加して話を聞いてみてください。


システムエンジニアという職種を選んだ理由

仕事を通し、多くの技術や知識を身につけることができる職につきたいと考えていました。
日々進化していく業界なので、常に自分自身が成長していかなければなりません。
自分がスキルアップできる事に魅力を感じました。

仕事を通じて感じること

地方自治体の住民情報システムの導入・保守作業を行っています。
主に軽自動車税、個人住民税、法人住民税を担当し、お客様との打ち合わせから設計、製造、テストまで全ての工程に携わっています。
お客様に提案するときや問い合わせをいただいた際、今までの経験や知識を活かして対応できたときに、達成感はもちろんですが、お客様から信頼され、感謝されることに喜びを感じます。

ワードシステムのよいところ

ワードシステムはメンバー同士で助け合い、フォローをしながら仕事をしています。
年功序列や男女の区別はなく、実力次第で色々なことにチャレンジできる等、頑張るほど自分に返ってきます。歓迎会や社員旅行、各種イベントでは全社員が楽しめるのも魅力です。
勉強、実践の繰り返しの中で、スキルが身に付くことを実感できる、やりがいのある仕事です。
「会社と社員が共に栄える」という経営理念の通り、それぞれが目標を持ちながらも、全社一丸となり目標に向かって日々努力しています。
同じような業種の企業が多い中で、そこに埋もれずお客様にとってのオンリーワンとなれるよう、一緒に胸を張れる良い仕事をしましょう。


キャリア採用者からのメッセージ



東京のソフトウェア会社で15年間勤務しましたが、家族のことや自身の年齢のこともあり、一昨年地元へ戻ってきました。現在はワードシステムの研究開発部に所属し、自社コンテンツに使える新しい技術の研究を行っています。
また、地元図書館との共同開発で、図書の貸出管理システムの開発も行っています。以前は大規模システムの開発に携わっていたため、エンドユーザーの声を聞ける機会がありませんでしたが、今ではつくったものに対して正面から意見をいただけるので仕事のやりがいに繋がっています。
津山に帰ってきてからの休日は、実家が農家なので田んぼや畑の手入れをしたり、家族で釣りに行ったり、自然の豊かさを感じながら過ごしています。
これからの目標は、もっと地元に貢献できるシステムを作り、津山のシステム開発・ソフトウェアと言えば「ワードシステム」と言ってもらえるようになることです。


ページTOPへ戻る